太陽光発電のFIT終了に伴う「2019年問題」の対策は売電から自家消費!

 

こんにちは。株式会社アルファインド 環境エネルギー推進事業部です。

太陽光発電における「2019年問題」が話題になっています。電力業界にとっても初めての事態で、FIT終了後、太陽光発電システムで発電した電気の使い方、活用の仕方などが大きく変わろうとしています。

今後の予測される展開や可能性なども含め、現段階で分かる情報をご提供させて頂きます。

「2019年問題」とは

住宅用の「FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)」は2009年11月にスタートしました。

家庭で余った電気を10年間に渡って一定額で買い取ってくれるという制度です。

余剰電力買取制度の開始直後、2009年に太陽光発電設備を設置した家庭では、2019年には10年の買取期間が満了することになります

その発生年である2019年を取って「2019年問題」と呼ばれています。

2019年以降を皮切りに、毎年、FIT終了家庭が増えてきます。下記、各年度の買取価格と残り年数になります。

 

☆各年度の固定買取価格一覧表

FIT開始年度 FIT終了年度 固定買取価格 残り年数
2009年以前 2009年11月迄 24円
2009年 2019年 48円 2年
2010年 2020年 48円 3年
2011年 2021年 42円 4年
2012年 2022年 42円 5年
2013年 2023年 38円 6年
2014年 2024年 37円 7年
2015年 2025年 33円 8年
2016年 2026年 31円 9年
2017年 2027年 28円 10年

FIT終了後の買取価格はいくらになるのか?

市場での買取価格は、メガソーラー施設が急増したことなどから年々値下がり傾向です。

経済産業省の資料によると、FIT終了後の売電単価は、11円/kWh前後になると予測されています。

買電単価よりも安くなってしまう可能性が高く、現在のように売電収入のメリットは期待できなくなりそうです。

また、これまでは国の制度に基づいて電力会社の買取義務がありましたが、買取期間終了後は買取義務がなくなります。したがって、0円での売電となってしまう可能性もあります。資源エネルギー庁の資料では、電力の買い手がいない場合に無償での逆潮流となる可能性を挙げています。

売電から自家消費に切り替える

これからは、売電より自家消費した方がお得という考えが濃厚です。

エネルギー先進国のドイツでは、すでにFIT制度が終わりに近づいており、売電するよりも自家消費した方が得として自家消費型太陽光発電システムを導入する家庭が増えています。

日本では現在、自家消費システムの構築として以下の周辺機器や設備があげられます。

①家庭用蓄電池

蓄電池

蓄電池を設置することで、電気をためることができて、売電せず自家消費に使うことができるようになります。

また、夜間の安い電気蓄電池にためることもできます。昼間は、まず太陽光発電の電気を使い、次に蓄電した電気を使い、それでもなくなったら電力会社から買うという形をとれば電気代は安くります。

現在、パナソニック、ソニー、日本電気(NEC)、シャープ、東芝ライテック、エリーパワー、京セラ、ニチコン、デンソー、フォーアールエナジー、アイテムティなど様々なメーカーで取り扱いしており、国や自治体から補助金も出ています。

②電気自動車

電気自動車

すでに世界中で約28万台が愛用されている「日産リーフ」の蓄電池は24kW時、一般家庭が消費する2日分の電気をためることができます。

日産リーフなどの電気自動車PHV車三菱アウトランダーは、家庭での充電設備として、EVパワーステーションという充電設備を置くことで家庭用蓄電池として使うことができます。

EVパワーステーションを使えば、電気自動車にためた電気を、リアルタイムにモニターしながら家庭内で使うことができるようになります。

また、200Vのコンセントから充電するのに比べて最大2倍のスピードで充電できるため、通常8時間かかる充電が4時間程度でできるようになります。

③HEMSシステム

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。

家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。

例えば、古いエアコンの電気使用量の無駄に気づき、買い換えで年間18,000円の節電できたり、洗濯機の洗濯乾燥を電気料金の安い時間に行うことで、年間8,345円の節電できたりします。

HEMSシステムにも現在、補助金が適用されています。

政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています。

 

2019年をめどに、今までのご家庭での電気の使い方が大きく変わるかもしれません。その最初のきっかけを作れるのは、現在、太陽光発電システムをご利用いただいている方々なのかもしれません。

FIT終了後にどうなるか色々とご心配されている方も多いかと思います。ただ、環境問題や省エネが重要視されるこれからの時代、自家発電できることによって、他の最新のシステムと結びつき、色々とメリットになってくると思います。

我々、アルファインド 環境エネルギー推進事業部も、より良いご提案、サポートができるように、今後も日々精進して取り組んでまいります。