ソーラーシェアリング設置完了しました。

こんにちは産業用太陽光事業担当、Kです。

F県U市にて、ソーラーシェアリング施設を設置しました。

「ソーラーシェアリングって何?」ってよく聞かれます。

簡単に言うと農業と発電事業を同時に行う『営農型発電事業』の事です。農地へ支柱を立てて、棚状の架台を造りその上に太陽光モジュールを設置し発電事業を行い、地上では営農を行う事が出来る事業です。耕作放棄地などを有効に使い農業の再生にも貢献できる事業です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
耕作していなかった農地

勝手に設置出来る事業ではございません。市町村役場の農業委員会窓口と県の担当者へ申請協議を行い許可を受けることが必要です。耕作物を何にするか太陽光モジュールによる遮光率はどれくらいあるか。架台の下でトラクター等の耕作機械が使用できるか等々、幾つかの条件をクリアしなければなりません。また、円滑に進行していくために事業者・申請窓口担当者・施工業者が一体とならなければできない事業です。

CIMG9345

単管架台での設置を行いました。事前に柱の引き抜き強度の確認と風耐荷重を考慮した強風対しても十分な強度計算を行い、タキゲン製造㈱様の協力のもと、しっかりした強固な架台が施工できました。ホームセンターにある国外製の単管パイプと比べ強度・耐蝕性は格段に違いますね。事業者様も安心しておられました。

1102

DCIM100MEDIADJI_0018.JPG
北斜面を考慮してパネルに角度をつけております。
DCIM100MEDIADJI_0015.JPG
南からの景観。

もしも、ソーラーシェアリングをするために経産省への申請はしているが事業進行が進んでおられない方、業者に頼んではいるが頓挫しておられる方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

お待ちしております!!